ビデオカメラレンタルのメリット,  ビデオカメラレンタルの基礎知識

ビデオカメラをレンタルと購入ではどちらがお得なのか?【検証】

ビデオカメラレンタルと買うのではどちらがお得かというと、購入する方が断然お得です。その理由は、昨今は国内メーカーブランドであっても中国やインドネシアで製造されているため、1台あたりの販売価格が大幅にお安くなっています。1990年代だと1台約15万円はしていたビデオカメラですが、2019年4月の段階で新製品であっても6万円、数年前に発売された型落ちであれば2万円で購入できます。

ビデオカメラのレンタル料金は種類とレンタル期間で変動する

ビデオカメラの格安レンタルサービスは1日~最大1か月間のレンタルをすることが出来、借りる製品ごとで料金は変動するのが特徴です。一般家庭であれば手のひらサイズのコンパクトビデオカメラを選ばれる方が多く、需要が高いことから多くのレンタルサービス会社で利用料金が高く設定されています。1日約3000円と保証金1500円で計4500円が1日レンタルで掛かり、海外旅行等で持っていかれる場合は7日間をレンタル期間と想定します。すると1回のレンタルで計3万円の料金を支払う事になり、もっとも安いビデオカメラを買うよりも割高になることがわかります。ビデオカメラは現在主流であれば必ずHD画質になっており、2,3年の型遅れであれば新製品と大差のない性能を有しています。安すぎるから映像が悪かったり、上手く撮影が出来ないということはないので安心してください。

購入のメリットとレンタルのメリットを比較してみる

購入される場合、多くの方は広告チラシに掲載されているお値段のままでしかお店で販売していないと思われます。しかし、掲載価格はあくまでも希望価格であるので実店舗であればさらに値引きに期待ができます。駄目で元々と考えて、売り場担当者に販売価格を尋ねてみましょう。レンタル品であれば壊してはいけない・期日までに返さないといけないと考えて、ゆっくりとビデオカメラで撮影した映像を楽しむ余裕が生まれません。しかし、ご自身で購入していれば好きな時にビデオ撮影が出来て、ゆっくりと映像を楽しめる心の余裕も生まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です